【東京・都立・開校情報】都立足立地区チャレンジスクール(仮称:2022年4月新設)の魅力を紹介 | 晶文社 高校受験案内

【東京・都立・開校情報】都立足立地区チャレンジスクール(仮称:2022年4月新設)の魅力を紹介

説明会レポート

2022年4月新設の都立チャレンジスクール

都立で6校目となる、新しいチャレンジスクール

足立地区チャレンジスクール(仮称)は、足立区小台の地、現在の都立荒川商業高校の敷地に、2022年4月、都立6校目のチャレンジスクールとして開校になります。

「チャレンジスクール」は、小中学校での不登校など、これまで能力や適性を十分に活かしきれなかった生徒が、自分の目標を見つけチャレンジする学校です。自分のライフスタイルに合わせて、午前部・午後部・夜間部から一つの部を選ぶ、昼夜間定時制となっています。1日に4時限、4年間での卒業を基本としますが、所属以外の部の授業を履修することにより、3年間での卒業も可能です。

普通科の科目を多く学べる「人文・自然系列」を設置

チャレンジスクールは総合学科の学校です。総合学科には、生徒の選択や学びやすさを考え、いくつかの科目をまとめたグループ(科目群)があり、これを系列といいます。

本校では、情報やビジネス、マーケティングなどを学ぶ「情報・ビジネス系列」、芸術や保育、食物などを学ぶ「アート・デザイン系列」、国数英理社の普通科目を多く学ぶ「人文・自然系列」を設置します。「人文・自然系列」では大学入試に対応した科目の学習も可能で、この系列の設置は都立チャレンジスクールでは初めてとなります。午前部であるⅠ部・午後部であるⅡ部の時間帯で「人文・自然系列」を選択した場合、実質的には全日制普通科高校と同じような生活・学習内容となります。

たくさんの居場所を用意します

本校では生徒が安心して過ごせるように、様々な工夫がされています。相談室やカウンセリング室のほかに、生徒が所属する各ゼミナールにはそれぞれゼミ室があり、自由に出入りができます。2024年に完成予定の新校舎には、カフェのようなオープンスペースであるラーニングコモンズも設置予定です。また、職員室は壁のないオープンな空間で、気軽に立ち寄ることができます。

2022年度入学の一期生は3年次より新校舎となります。1・2年次はプレハブ校舎となりますが、各部屋に空調完備・Wi-Fi環境が整い、Wi-Fiには生徒個人の端末をつなげることもできます。

足立地区チャレンジスクール(仮称)では受験生向けのイベントが予定されています(新型コロナウイルス感染症対策のため事前申し込みが必要です。また、感染拡大状況により変更・中止となる可能性があります。必ず学校のHPでご確認ください)。

 東京都立足立地区チャレンジスクール(仮称)開設準備室

  • 新設校説明会:2021年9月20日(月)
  • 学校説明会:2021年10月3日(日)・17日(日)、11月3日(水)・21日(日)
  • 個別相談会:2021年12月5日(日)、2022年1月10日(月)

  YouTube チャンネル

開放感のある中庭が魅力の新校舎は、2024年度に完成予定です。
新校舎には、落ち着いた雰囲気のラーニングコモンズも設置予定。

タイトルとURLをコピーしました