【東京・私立・男子】保善高等学校 教育関係者対象学校説明会に参加しました | 晶文社 高校受験案内

【東京・私立・男子】保善高等学校 教育関係者対象学校説明会に参加しました

説明会レポート

保善高等学校の教育関係者対象学校説明会に参加しました。2023年に創立100周年を迎える、伝統のある高校単独の男子校です。

クラス分けは成績だけじゃない

国公立大学や難関私立大学の合格をめざす「特別進学」、GMARCH以上の大学進学をめざす「大進選抜」、中堅以上の私立大学への進学をめざす「大学進学」の3クラスを設置。基本的にクラスは成績によって決まりますが、本校のクラス分けで大切にしているのは学力だけではありません。本人のやる気と模試の成績、面接、課題の提出状況によって、本人の希望のクラスに入ることができます。特別進学クラスでしっかりと学ぶもよし、大進選抜クラスで文武両道をめざすもよし。納得のいく環境で、充実した高校生活を送ることができます。

教室もデジタル化

2021年度入学生より、iPadを貸与。各教室には75インチの電子黒板も導入されています。これにより、板書では表現しきれなかった情報も視覚的に整理して提示することが可能に。将来的には、iPadと電子黒板の双方向型の授業の実施を検討しています。また、特別進学クラスの総合的な探究の時間「未来考動塾」では、電子黒板によるプレゼンテーション授業も行われています。

高校単独校の強み

入学者は毎年ほとんどが四年制大学への進学を希望。2021年度の四年制大学志望率は92%で、2021年3月の卒業生の四年制大学への現役進学率は82%でした。そのような校風のためか、当初は都立高校を志望していた中学生が、現役での大学進学をより確実なものにしたいと志望校を変更し、本校を第1志望で受けるケースも少なくないそうです。現役での大学進学という同じ目標を持った仲間と切磋琢磨しながら、しっかりと勉学に励むことができます。

2022年度入試変更点

  • 一般試験Bの試験日が1日繰り上げになり、2月12日に変更。
  • 一般試験Bは試験日変更により、出願期間が一般試験Aと同じ1月25日から2月7日になりました。
  • 一般試験Cの試験日が1日遅くなり、2月26日に変更。

 保善高等学校 入試情報

保善高等学校 学校説明会に関して

学校説明会:8/28、10/9、10/30、11/6、11/13、11/20、11/27、11/28

保善祭:9/25、9/26

※イベントは変更・中止の可能性があります。必ず学校HPでご確認ください。

高田馬場駅徒歩8分、西早稲田駅徒歩7分の立地。近くには戸山公園があり、アクセスの良さと落ち着いた周辺環境が魅力です。
正面に見えるのが本館・体育館(1号館)、右奥は7階建ての教室棟(2号館)です。体育館と教室棟、体育館の奥に位置する科学芸術棟(3号館)には冷暖房が完備されており、快適な学校生活を送ることができます。
タイトルとURLをコピーしました