【東京・私立・共学】専修大学附属高等学校 教育関係者対象学校説明会に参加しました | 晶文社 高校受験案内

【東京・私立・共学】専修大学附属高等学校 教育関係者対象学校説明会に参加しました

説明会レポート

[2021/11/17 記事更新。2022年度入試変更点を修正しました]

自分の目標や夢に向かう

「学校は楽しくなければ学校じゃない。しかし、楽しいだけでは学校じゃない」そう話すのは、10代目校長 根本先生。校訓に「誠実・努力」を掲げる本校は、創立から90年を超える伝統校です。

校長先生は、『笑顔で楽しく入学してきた生徒を、笑顔で楽しく卒業させたい。「将来こんなことがしたい」、「留学がしたい」、「併設校ではなく他大学へ進学がしたい」というものでもいい。大きな志を持った中学生に来てほしい』と思っているそう。本校では、多彩な進学ルートやプログラムで、生徒の夢や希望を叶えるサポートをします。

1人ひとりの進路実現のために

1・2年次は全員が同じカリキュラムで基礎学力を定着。国・数・英の3教科を中心にバランスよく学びます。3年次から「専修大学進学コース」「他大学受験コース文系」「他大学受験コース理系」に分岐。希望進路に合わせ、個別の補講を利用した受験科目のレベルアップもできます。一人ひとりを伸ばす学習プランで、目標達成へと導きます。

また、大学附属校ならではの強みとして、高校在学中から専修大学の教育プログラムを利用した学習活動が可能。興味のある講義を受講し、大学のキャンパスに通うこともできます。さらに、専修大学に進学が決定した生徒は、3年の3学期に大学生と専修大学主催の海外語学研修にも参加。専修大学進学後は、これらが単位として認定されます。高大連携システムにより、幅広く深みのある「知」を広げます。

不易と流行

新学習指導要領に合わせて、「アクティブラーニングの視点に立った授業改善」を推進。それにより、2021年度からiPadを生徒・先生ともに1人1台貸与しています。Google classroomやSlack、Zoom、ロイロノートなどの教育支援システムを導入し、授業だけでなく家庭学習にも使用できる環境を整えました。新しいことにチャレンジする一方で、守るものはしっかりと守る精神は健在。授業ではiPadだけでなく紙も使用します。新しいものだけに囚われることのない教育を進めます。

2022年度入試変更点

  • 推薦入試の加点項目
  • 一般(第1志望)の優遇措置対象者
  • 一般(併願優遇)の内申基準

以上が変更点です。

 専修大学附属高等学校 説明会・見学会

  • キャンパス見学会:10/31、11/14、11/28、12/12
  • 学校説明会:11/6、11/20、12/4

 ※イベントは変更・中止の可能性があります。必ず学校HPでご確認ください。

閑静な住宅街に佇む、静かで落ち着いた雰囲気の学校です。
タイトルとURLをコピーしました