【東京・都立】立川高等学校 教育関係者対象説明会に参加しました | 晶文社 高校受験案内

【東京・都立】立川高等学校 教育関係者対象説明会に参加しました

説明会レポート

都立初!2022年度に「創造理数科」を開設

都立立川高等学校で行われた教育関係者対象説明会に参加しました。

新しい学科「創造理数科」

立川高校は1901(明治34)年創立の東京府第二中学校を前身とした、伝統のある学校です。吉田順一校長先生から、「立川高校では、自分を高めてくれる環境をめざして、絶えず努力し続ける志の育成をめざします。これは、高校時代だけではなく、社会に出ても努力し続けていくことを意味します。」とお話がありました。

立川高校には2022年度、創造理数科が開設されます。都立高校初となる「理数に関する学科」の創造理数科は、他県の多くの理数科とは異なり、文系・理系の垣根を払い、新しい価値を生み出す人材の育成を目標としています。

創造理数科の特色ある教育

理数系分野の幅広い素養と情報活用能力を、高いレベルで併せ持つための教育を予定しています。カリキュラムでは、数学・理科で理数科の専門科目である「理数数学Ⅰ・Ⅱ」「理数化学」「理数物理」「理数生物」「理数地学」を設置。「理数探究基礎」「理数探究」では、特色ある探究的な学習を行います。また独自の英語プログラムにより、世界に向けて発信していく力も養います。

生徒の視野を広げるために、大学や企業などの研究機関と連携したワークショップ、研修会、フィールドワークなど、多彩な企画を用意します。大学は電気通信大学、東京都立大学、東京農工大学、東京大学先端科学技術研究センター、企業では大林組、日立製作所などとの連携を予定しています。

2022年度創造理数科の入学者選抜

推薦に基づく選抜(特別選抜)では、出願時に科学的な取組に関するレポート(A4判2枚以内)を提出し、レポートに関する口頭試問・調査書・小論文・個人面接を総合した成績により選抜します。一定の水準に達していない場合は、定員内であっても不合格となります。創造理数科の特別選抜と、普通科の推薦に基づく選抜の併願はできません。

学力検査に基づく選抜では、「創造理数科」「創造理数科・普通科(併願)」「普通科」のいずれかを選択して出願ができます。併願で受験の場合は、先に創造理数科の選考対象となります。選考は調査書と学力検査を総合した成績で行われます。

推薦選抜の小論文は普通科の問題と異なりますが、学力検査の問題は普通科と共通で、国数英は自校作成問題となります。

立川高校では受験生向けのイベントが予定されています(事前申し込みが必要な場合があります。また、新型コロナウイルス感染防止のため、変更・中止となる可能性があります。必ず学校のHPでご確認ください)。

都立立川高等学校 学校説明会等のお知らせ

  • 学校説明会:2021年11月13日(土)
  • 入試問題説明会:2021年12月11日(土)
スーパー・サイエンス・ハイスクールの立川高校。科学系オリンピックや学会、コンテストでも発表し、多くの賞を受賞しています。
タイトルとURLをコピーしました