【東京・都立】新宿高等学校 学校説明会に参加しました | 晶文社 高校受験案内

【東京・都立】新宿高等学校 学校説明会に参加しました

説明会レポート

創立100周年、進化を続ける伝統校

都立新宿高等学校で行われた教育関係者対象の学校説明会に参加しました。

100年にわたる歴史と伝統の下、進化を続ける

新宿高校は、1921(大正10)年に東京府立第六中学校として、現在の場所に創立、今年で創立100周年を迎えます。2003(平成15)年には進学重視型単位制へ改編、2007(平成19)年からは進学指導特別推進校に指定、進化を続けてきました。

校地は新宿区と渋谷区にまたがり、創立時は渋谷区(現在のグラウンド)に校舎があったため、住所が渋谷区でした。現在は校舎が新宿区に位置しているため、新宿区の住所となっています。

JR新宿駅からの通学は東南口を利用することになり、新宿の歓楽街とは離れています。学校は広大な敷地の新宿御苑のすぐそばにあり、大都会の喧騒とは無縁の静けさの中にあります。

校是「全員指導者たれ」を実現する指導

創立以来の教育方針として、「全員指導者たれ」を掲げています。指導者としての資質を備えるための特色の一つに挙げられるのが、進学重視型単位制高校であるということ。1・2年次は共通の科目を履修し、幅広い豊かな教養を身につけます。自由選択科目として第2外国語を4単位選択できるのも、単位制ならでは。3年次の選択科目も、ほかの学年制普通科高校に比べて、多く設定しています。

また、単位制高校は教員数や教室数を多く設定することができるため、習熟度別授業や少人数指導など、手厚い指導が可能になっています。

2022年度入学生の新課程では、「古典探究」「日本史探究」「世界史探究」の探究科目を必修として設置、国語では2年間「文学国語」を学習します。

充実した学校行事

現在はコロナ禍で中止・縮小されているものもありますが、新宿高校にはたくさんの学校行事があります。

6月に行われる都立戸山高校との部活動対抗戦「戸山戦」では、野球、サッカー、陸上、バスケットボール、バレーボール、テニス、剣道、水泳など多くの部活動が対戦します。目黒の駒場公園の施設(一部は学校)で繰り広げられる熱戦を、両校の写真、放送の各部が報道。丸一日かけた一大行事です。 夏の「臨海教室」は、創立時から続く伝統的行事です。集団生活による「徳育」、大遠泳による「体育」を目的としています。100年の間に、戦争、震災に続き、昨年・今年とコロナ禍でさらに2回中止となりました。来年は実施されることを願っています。

新宿高校では受験生向けのイベントが予定されています(事前申し込みが必要な場合があります。また、新型コロナウイルス感染防止のため、変更・中止となる可能性があります。必ず学校のHPでご確認ください)。

  都立新宿高等学校 学校説明会等の日程

校舎は、体育館・プールが一体となった7階建て。HR教室からは、新宿御苑の豊かな自然が望めます。
タイトルとURLをコピーしました